給水管のメンテナンス|水漏れが気になったら蛇口交換を早めに検討しよう
作業員

水漏れが気になったら蛇口交換を早めに検討しよう

給水管のメンテナンス

女の人

現在においては水道管はポリエチレン管や塩ビ管など腐食が起こらない樹脂製の管が使われており、安全性の高い給水が可能になっています。しかし古い建物においては亜鉛めっき鋼管が使われていました。これらは1970年代以前の建物に多く見られ、管の内部が腐食することで錆が発生し赤水が発生するのがネックとなっています。現在ではすでに更新時期に達しているため、その多くは新しく配管が取り替えられているか、ビニールライニングと呼ばれる内側に被膜を作るといった方法で赤水が出にくくなっていますが、そんれでも赤水が発生する可能性はゼロではありません。理由としては給水管のどこかで水と金属部分が接する場所があればそこから赤錆が発生するためです。

給水管赤錆対策としては、赤錆の原因を取り除く必要があります。もっとも確実な給水管赤錆対策は給水管そのものを腐食性のない素材に更新してしまうことです。しかし、実際にこれらを行うには大規模ば工事が必要になり現実的ではありません。特に建物の壁の中を配管が通っている場合には工事の期間も長くなります。一般的な給水管赤錆対策としては、管の内側を清掃すると同時にコーティングするビニールライニングを行うことになります。また錆が発生しているということは管が腐食しているためで必要に応じて交換することが求められます。また給水管赤錆対策では、バルブ部品を錆びにくい素材に交換することも赤水を発生させないようにするためのポイントになります。