配管の水漏れ|水漏れが気になったら蛇口交換を早めに検討しよう
作業員

水漏れが気になったら蛇口交換を早めに検討しよう

配管の水漏れ

作業員

水漏れの種類

突然配管からの水漏れにあたふたしてしまいます。しかし、業者に水道修理を頼むにしても来てくれるまでには、多少なりとも時間がかかってしまって被害が広がってしまいます。そこで、少しでも被害を少なくして、水道修理にかかる時間とお金を削減するために、自分たちで出来る応急処置を行ってみましょう。排水管の水漏れには2種類の排水管と給水管があります。しかし、トイレやキッチンで使用して汚れた水を流す配管を排水管といいます。そこは常に水が流れているわけではなく、異物が引っかかって詰まってしまうことがあります。水を流す配管で蛇口につながっていて、水を出すために高い圧力をかけるために、配管が破裂や破損などが起きてしまう時があります。そこから大量の水が溢れ出してしまうので、水道修理の前に応急処置をしましょう。

水漏れの応急処置

配管の違いによる応急処置として、排水管からの水漏れがある場合は水を流した時に漏れていると、排水管からだと分かります。水道修理業者の人が来るまではトイレやキッチンなど水を流さないようにすることで、被害の拡大を防ぐことが出来ます。そのため、間違えて水を流さないように気をつけましょう。そして水道管が破裂で水が大量に出てしまうので、その破裂箇所をタオルなどで巻き付けておくことが大切です。なるべく水が出ないように塞ぎ、漏れてしまう水はバケツなどで受け止めて床を濡らさないようにしましょう。それでも抑えきれない場合は、水道メーターの横に設置されている止水栓をしめて水の給水自体を止めることが大切です。少しでも、水漏れを感じた場合にはすぐに水道修理を業者に頼みましょう。